中村うさぎに捧げる、女という病の心理カウンセリング
      なぜデリヘル 心理カウンセラーが解き明かす、中村うさぎの心の迷宮 なぜ整形

       <第一話> 序章 " ウンコタレ対 アホタレ"  (2005年12月号):文、大木心理カウンセラー
 カウンセリング悩み相談センターHOME 心理カウンセリング体験談 悩み相談カウンセリングコースメニュー     
     
      中村うさぎ プチ整形に走る バックナンバーはこちらから  ・・>        ☆<第二話>"奮闘するオヤジうさぎだが・・
                                 <第三話>"ライブドア事件より心の闇だ!・・
                                        <第四話>"孤高のナルシズムから過剰のナルシズムへ!”
                                  <第五話>"ナルシズムは心の病気なんで”



 『中村うさぎに捧げる、女という病の心理カウンセリング』

  --(女性自身の解剖学)“なぜ、たそがれ”--
   <第一話>” ウンコタレ vs アホタレ.................. 
............... ................ ............... ................ .............. ............... .............. .............. ............
<登場人名・キーワード>:中村うさぎ、小泉チルドレン、片山さつき、佐藤ゆかり、上野千鶴子、高倉健、
ホステス殺人犯F.K、美容整形、借金地獄、ブランドもの衝動買い、ホスト、デリヘル、女の本質>敬称略

................... .................. .................. .................
............. ............ ............. ............. ............. ..............

 
今どきの日本の女性のなかでもダントツに

頭ひとつどころか尻っケツまで抜きんでてるオンナといえば、

小泉チルドレンの片山さつきでも佐藤ゆかりでも、はたまた上野千鶴子先生でもなくって、

このひと中村うさぎということで衆議一決まちがいないところだ。



かく言うわたしも、コラム予告第三弾の準備をしているうちに、

あまりにおもしろい"中村うさぎワールド"をぜひテキストにしつつ、

あらたに”女性のいま”(女という病)を解剖していってみようと思いついたわけなのです。

「そんなうさぎはよく知らない」というお方は、

これからじっくり"うさぎワールド"を開チンしてまいるので、

耳かっぽじってよーく聞いていただきたい。


しょうがないから、中村うさぎの生態をあらましに言えば、

ちんちくりんなジュニア向けファンタジー小説とかいう
「ゴクドーくん」シリーズで作家業をやりつつ、


稼いだ金をブランドもの衝動買い症候群(買い物依存症)で使い果たして借金地獄にはまりつつ、

その難儀をまたエッセイに書き散らして荒稼ぎしつつ、
うさぎブランドを構築しつつ、
またホストに貢ぎつつ、
借金を増やしつつ、
美容整形顔を形成しつつ、
デリヘル嬢もやりつつ、

という按配です。・・・



まっ、コレだけ聞くとなんだか、ただのとんでもないバカ女のようにおもってしまいますがね。

ところがうさぎさんのエッセイはじつに女心の深い洞察力といい、

臭うようなウンチク(彼女はウンコタレまたはゲリジェンヌと自称している)といい、

読むものにイタク感動をあたえる。


すこぶる付きの出来栄えなのであります。



エッセイだけでなくついこの間も、

デリヘル嬢のイベントで叶恭子に抗議されてた中村うさぎの所業は、

バカタレをひとりツッコミしながら世間に突っ込んでいく姿に、イタク感動しているのだ。


その感動好きなオバサンおやじとしては、

これから中村うさぎのいう「女という病」について、

女性自身の解剖学 ”なぜ、たそがれ”(なぜ整形!)」と題して
ビチビチと書いていこうとおもってます。・・・



さしあたって、
さてどこから始めようかと上目づかいに窓の外を見ると

古ぼけた庭の木にひよどりがキョトキョトしている。


断っとくと、

わたしは格式のある宿で原稿書きなどしているわけでは当然ない。


ここはわたしのカウンセリングルームなのだ。 これが。


どこから見ても看板も受付もない、ただのフツーの民家というものだ。


しかもかなり、いやずい分と古い。

まっ、その分落ち着いたたたずまいと言えなくもない。


だから緊張することなくほのぼのくつろいでもらえている。



でもまっ、はじめて面談に訪れた方は

みなさん一様にひよどりみたいにキョトンとされるわけだ。

“ちょいとオシャレなビルなんかのフロアで、

受付嬢が案内するカウンセリングルームには、

白衣を着た”先生”が泰然自若たる様子で高級ソファに座っとる”、

ちゅうのが大方の予想イメージだったからじゃな、さもあらん



だけど、わたしんとこはちがうよ、

”先生”が自ら家の前でそっとお出迎え。


ときに気が向いたら、駅までお車に乗ってお迎えに参上してるっつーの!


だから受付嬢は無しで、ついでに白衣も無しで、高級ソファも無しで、泰然としてなくて、

お茶も”先生”がお出しするシステム!だし、

フツーのおやじとひよどりが飛んでくるだけってのは、

どーよ、中村のうさぎさん。


まっ、これも結構、訪問してから帰るまで”先生”としか顔を合わさないから、

相談に訪れる方には、それなりのメリットがあるみたいで、

まあようござんすかも。
・・・・・



無駄バナシの多いのがおやじの常、読者諸君もそこは心得るべし。・・

 

 それじゃ突然ですが
「女性自身の解剖学 ”なぜ、たそがれ”」の第一話をホントに始めましょう。

あっ、その前に

解剖学が”なぜ、たそがれ”というお題が何故付いてんのかという声にお答えしておくと、

それは”なぞ(謎)”なんです。

いまのところはヒラメキとしか言えないわけ。

そのうち追々と第何話目かで、そのなぞが解けるような気がしているだけで。
(ほな、サイナラー!)・・


いきなりですが、中村うさぎはかく語っている。・・



自分にとって”自分”は特別な存在である。
だが、他人にとって、自分はゴミクズに等しき”one of them”に過ぎない
」。

その事実がプライドを傷つける

”特別な存在”でありたい。認められたい。愛されたい。

何者かになりたい。・・・この病を我々も知っている。」・・・


これは中村うさぎが、時効21日前に逮捕された同僚ホステス殺人逃亡犯F.Kにたむけた言葉ですが、


このあたりの”切なさ”、”哀愁”のようなものが”たそがれ”を引き寄せているような予感がするわけですわ。

わたしには中村うさぎの一見なるほどと思える本意とは別に、

この言葉から彼女の病の核心が透けて見えますが、それは後にしましょう。・・・



ところで10年ほど前に中村うさぎがおもわず言っちゃったセリフは、こうだ。・・


今の時代、女に生まれることは、けっこう幸せな事だと思う。


こんなに自由で、いいんですかい!」ってね。



それなら男はどーだ?。

うさぎさんに、誰か気の効いたセリフを言っちゃってよ。


「・・・・・・・・」、、、だからやっぱり男はしょうがないやな-。

昔っから格好つけたところでKEN.TAKAKURA(早い話が映画の中の高倉健サンです)がいいとこだ。

黙ってゴッツイ背中を見せてりゃ済むと思い込んでんの。


これが女という人類にはまったく通じないんだなあ、昔も今も。


あの連中は”言葉を自由に使える”高等人類なもんで、

ちゃんと事細かく筋立てて語り掛けないと決して納得しないときたもんだ。

コレどうよ、健サン、何とか言ってやってよ。

「・・・・・・・・」。・・やっぱりね。・・・


「・・何だかんだ言っても、オレの気持ちはわかってくれてるはずさ。

・・だってよ、こんなに体張ってやってんだから。・・・そこのところはなんて言うか、あ・うんの呼吸ってやつよ。・・・」なんてね。


男はなぜかいつも本気でそう思い込んでるわけよ。

ところがドッコイ、カアチャンもネエチャンも、ひょいとそれを聞いたとたんに、

「あんたね、×△○#&*?△×!・・・」と延々とつづく反撃の口火が切って落とされるのでありますよ。


ご同輩には今のとこそんな覚えが無いと言われる場合は、

まっ、退職記念日に強烈なカウンターパンチが飛んでこないことを切に祈るばかりじゃ。・・・



男はとどのつまり、オンナに関して、オンナの本質については、

何も解ってない」「アホタレ」というめでたき人類なのだぞ。

参ったか!(どっちに言ってるのかな?)



ここでついに、ウンコタレとアホタレの揃い踏みになったところで、めでたしめでたし。

というわけにはいきまへん。


あきらかに高倉健サン型は少なくとも病理的な「依存」を抱えているわけで、

行く末が案じられるタイプの人です。


ひとは言葉を尽くしてみても、自分の思いの半分も伝えられないというのは、

男も女も先刻承知のはずなんですが、実はどうも特に男は骨身に沁みている様子が見られない。


うまく伝えられないクセに、肝心のそこを工夫して行こうとはしないで、気持ちだけ伝えた気になっているから始末がワルい。


いつもせいぜい自分だけにわかったような小理屈をポイと投げておしまいというパターンになる。

絶対に相手に通じてねえんだってばさー!。


ご同輩は、
「こんなことで、”依存”だとか言われちゃかなわねーよ、おれはごくフツーだぜ。」

とお思いでしょうがね。


そこがやはり、オンナという高等人類には、

「あんたたちのはフツーが違うというか、フツーじゃないよ」というわけよ。


でねっご同輩、

男に生まれて、けっこうツライものがあったな」って。


こんなに不自由で、いいんですかい!」って、思ったりしないですか?




男のツラさも、不自由さも、

とどのつまりは「言葉を尽くさずにやって来た」せいで、


かえって世間を狭く、自分を小さくしていることに、

ちょいと気づいてもらいたい。



そこのところを、カウンセラー風を吹かして言っちゃうと、


“自分じゃ知らないうちに相手(オンナ)に対してストレスを持ってる”ことになるワケです。


もっと言えば、

それは相手(オンナ)から心的に孤立しちゃってる”ワケだ。


だから、
言うにいえない、ツライもんがあって、とっても不自由さを感じている」ワケです。


(ここはよく押さえといたほうがよろしいですよ、ご同輩。)



でもまず、うさぎさんには

この辺の男の苦悩は”思案の外”に過ぎないかもしれまへんな。


あまり男心について、語っておられないし。・・・


...... ...... ...... ...... ...... ...... ...... ...... ...... ...... ...... ...... ...... ...... ......

 
ええー、今回はどういうわけか、こんなこってす。

結局、話がウンコタレからアホタレの方に流れていって、とうとう

中村うさぎの病については次回のお楽しみになりましたが、どうかあしからず。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

( 文: 大木カウンセラー )・・・ご感想など送っていただけたら有り難いです。
                                 counseling@porsonet.comまでよろしく、


   なお、チラをクリックすれば、<第二話>"奮闘するオヤジうさぎ、だが・・”
                     <第三話>"ライブドア事件より心の闇だ!”
                     <第四話>"孤高のナルシズムから過剰のナルシズムへ!”
 
                 <第五話>"ナルシズムは心の病気なんで”  をごらんいただけます。

☆失敗しないための心理カウンセリング相談解決センターHOMEはコチラから>>>

イメージカウンセリング体験例を見る>>>
http://www.porsonet.com(ポルソネット・ドットコム)

このページのトップへ

COPYRIGHT(C) 2008 カウンセリング相談解決センター ALL RIGHTS RESERVED.